包茎手術や治療は専門に任せよう!

- 高度な傷跡修正の技術を持つクリニック

高度な傷跡修正の技術を持つクリニック

包茎手術、というのは実に非常に繊細な技術を要する物でただ余った皮を切除すればいいだけの物ではないのです。
勿論、包茎自体は整形外科手術によって治るのですがせっかく包茎治療を受けたのにもかかわらずペニスにまた皮が被ってしまうということもありますし、包茎治療が出来たのはいいけど傷跡が気になってしまう、というように見栄えのアフターケアが出来ていない場合もあるのです。

包茎治療、というのは単純に皮を被っている状態を解消すればいいだけでなく通常の亀頭が露出している形のペニスにしたいというような気持ちが本来はある物ですから明らかに露骨に処置をしたような跡が残ってしまってはあまり意味がないのですね。
実際、特に多い不満の報告と言えばツートンカラーになってしまうということです。
この症例は、云わばペニスの余った皮を切除したはいいのですが切除ラインが亀頭よりも下がった位置に出来てしまった場合に起きる物で、ペニスの色が明らかに違ったようにわかってしまう、というような状態なんですね。
こちらは、切除線の出来上がりを考えた処置をしないとよく起こってしまう物で泌尿器科で処置を受けたりすると特に起こりやすい物のようです。
他にも、包茎治療の傷跡が目立ってしまって気になるというような不満を持っている人もいるようです。
こういった人は、ペニスの包茎治療の傷跡が波模様になってしまっていたりギャザー状態になっていたり、デコボコになってしまっているような跡が露骨に残ってしまっている場合に多いようですね。
他にも、縫合の跡が明らかに目立ってしまっていたり縫合箇所の盛り上がりや、傷口がまた開いてしまったりするなど、縫合が雑だったり不格好だったりすると起きてしまう物なのです。
こういった、細かな処置の跡という物も専門機関であれば傷跡を見えにくいように処置してくれたりするんですね。
こういった仕上がりのケアなどもしてくれるのが、高度な技術を持つ専門機関の特徴です。


  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »


Copyright(C)2015 包茎手術や治療は専門に任せよう! All Rights Reserved.